080-5356-6254

ブログ

2019/01/03(木)

怒りと腰痛(解決法1)

カテゴリー:メンタル, 傾聴, 腰痛

 

否定しない

批判しない

評価しない

これはなんのことでしょう。


傾聴というテクニック

コミュニケーションをうまく取るための一つのわざ

患者さんの中には精神的なトラブルを抱えている方が非常に多いのです。

私は幼少期に実父をなくした経験もあり

幼い頃から心理的なことに興味があり

そちらの研究もして来ました。

その中で得られた知識技術を使って治療をしてもいたりします。

例えば腰痛と怒りってセットなんですよ!

これを知らない方が多すぎる

のでこういったことも皆様にお伝えしていきたいのです。


腰痛と怒りとコミュニケーション

腰痛があってなかなか治らない、そしてよくなっても痛みが戻る。

よくお話を聞いてみるとご家族とのコミュニケーションがうまくいかない。

子供がいうことを聞かない

ご主人との会話がない

という方が来られたので

I(アイ)メッセージと傾聴をお伝えしたところ

次に来られた時に

先生息子が変わりました!!!!!

と嬉しい言葉

旦那の顔が苦虫を潰したような顔から

優しい顔に

なったんです!!!!

とお話してくれました。

非常に嬉しかったですね。

 

腰痛はどうですか?と聞くと

あれ、、、

最近痛みがないです。

 

これですね。


まずはI(アイ)メッセージから

腰痛の原因の一つが怒りにあることはわかりましたか?

では怒りを取る方法の一つをお話しましょう。

 

あなたの怒りはどこから?

おそらく相手が自分の思い通りにならないというところからではないでしょうか?

 

人は命令されるのが非常に嫌なものです。

特に自分の嫌なことを命令されると反抗したくなります。

中には命令された方が楽という方もいますが。

 

先のご夫婦はご主人が命令されるのが嫌なタイプのようです。

自分が大丈夫だからといって人が大丈夫とは限りませんよね。

ていうか自分が大丈夫なことはまず人はダメだと思っておいた方が無難です。

 

トラブルが起きているということは大抵自分が

その人に対して何かその人が嫌なことをしている可能性があると考えた方が良いでしょう。

 

嫌なことをされたら当然嫌がるし自分に嫌なことをしてくるでしょう。

だから怒りが出るのです。

だから腰が痛むのです。

では相手を動かす方法


具体的には

相手さんが

何か自分にしてきたとしましょう

それが嫌なことなら

「〇〇さん、私はそういうことされるとすごく傷つくんです」

「〇〇さん、私そういうことされるととても悲しいんです」

といって見ましょう。

私しました!っていう方がものすごく多いですが

大抵

「〇〇さん、私はそういうことされるとすごく傷つくんです

だからしないでください」

とか

「〇〇さん、私そういうことされるととても悲しいんです

だからやめてください(〇〇してください)」

っていってませんか?

それで終了になってしまいます。

たった一言〇〇してくださいっていうとシャッターがシャーっとしまってしまいます。

決して行ってはいけない一言

〇〇して

OKですか?

それで相手の言葉が出てくるのをひたすら待ってください。

考えさせるのです。

 

これで何が変わるか?

相手の対応が変わります

穏やかになります。

怒りが減ります。

 

一番初歩的な傾聴テクニックの一つです。ぜひ試してみてください。

 

まとめ

iメッセージはしてくださいと言わない。

相手の意見が出るまでまつ


 

針を使わない鍼灸師 松崎健太郎

なんくる整体院ホームページ

https://nankuru-chiryouin.com/

チャンネル登録はこちら

https://www.youtube.com/channel/UCsRkmF1VFX1ALuq9BwzEA-w?view_as=subscriber

本日は怒りとはということをお伝えしました。

一度ご自分のお身体を調べに来てくださいね。

 

 

なんくる整体院ホームページ

https://nankuru-chiryouin.com/

 

 

 

 

 

8月10日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

080-5356-6254

【受付時間】9時〜22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。